ビジネス: ぱんだぁの情報発信ブログ

2015年06月18日

日本科学未来館とniconicoがコラボ、MERS日本上陸の可能性は? ニコ生で感染症の専門家が徹底解説【ビジネスニュース】

おすすめニュース Twitterで話題になっている呟きテンコ盛り


株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、6月19日(金)、日本科学未来館と連携し、韓国で流行しているMERS(中東呼吸器症候群)ウィルスについて解説する生放送を行う。

果たして、韓国で猛威を奮っているMERS(中東呼吸器症候群)が日本に上陸する日は来るのか。ニコニコ生放送と日本科学未来館とコラボレーションし、国立国際医療研究センターの感染症専門家である堀成美氏や、韓国政府や市民の対応策などにも詳しい金祉希(キム・ジーヒー)科学コミュニケーターらが生出演。

「今回の流行はたった1人の68歳男性から始まった?」
「異常とも言える感染拡大のスピード、考えられる原因は?」
「韓国政府・市民の対応は?MERS拡散MAPとは」
「MERSウィルスの攻撃から身を守る術はあるのか」

などのテーマを扱い、MERSについて徹底解説する。

■番組概要
番組名:niconico×日本科学未来館【徹底解説】MERSアタックから身を守る
放送日時:6月19日(金)20時〜
出演者:
堀成美(国立国際医療研究センター 国際感染症対策専門職)
詫摩雅子(日本科学未来館 科学コミュニケーション専門主任)
金祉希(日本科学未来館 科学コミュニケーター)
視聴ページ:http://live.nicovideo.jp/watch/lv224869180


 
posted by ぱんだぁ at 10:21 | Comment(1) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「父の日」に便乗する詐欺サイトを検知、若年層が標的か【ビジネスニュース】

BBソフトサービス株式会社は6月16日、「インターネット詐欺リポート(2015年5月度)」を発表した。本レポートは、同社の「Internet SagiWall」が検出・収集した危険性の高いネット詐欺サイトの数やカテゴリーなどを分析したもの。これによると、5月のインターネット詐欺サイトの検知数は868,480件で、前月より1.3%%減少した。このうちワンクリック・不当請求詐欺サイトは75.53%、フィッシング詐欺サイトは19.94%、マルウェア感染サイトは0.18%、ボーガスウェア配布サイトは3.20%、ぜい弱性悪用サイトは1.15%を占めていた。OSごとのネット詐欺種類別検知率では、ワンクリック・不当請求詐欺サイトの割合がWindowsで24.17%、Androidで88.72%、iOSで71.43%となっている。

5月度は、父の日にプレゼントを贈る習慣に便乗した複数の偽販売サイトを検知した。腕時計や財布などの高級ブランド品を格安で購入できるとうたう偽販売サイトは、これまでも多数発生している。季節性のあるイベントに便乗することで、ネット詐欺に対する予備知識がない新社会人など若年層の新しい標的を獲得することが目的である可能性を指摘している。このような詐欺サイト利用すると、代金を振り込んでも商品が送られてこない、または犯罪者がクレジットカードなどの個人情報を盗用し、通販サイトで高額商品を購入して現金化するなどの被害に巻き込まれる危険性がある。また、先月から母の日に便乗した詐欺サイトも複数検知しており、季節性のあるイベントに合わせたキーワードで詐欺サイトへ誘導する手口が多く見られるため、注意が必要としている。

おすすめニュース タニシ専門誌が濃ゆすぎてウケるw
タグ:IT経済



 
posted by ぱんだぁ at 10:18 | Comment(1) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。