若林正恭が「IPPONグランプリ」収録中に軽く腰を抜かしていたことを告白【芸能ニュース】: ぱんだぁの情報発信ブログ

2015年05月27日

若林正恭が「IPPONグランプリ」収録中に軽く腰を抜かしていたことを告白【芸能ニュース】

おすすめのニュース動画


23日放送の「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)でオードリーの若林正恭が、「IPPONグランプリ」(フジテレビ系)の収録中、緊張のあまり体に異変が生じていたことを明かした。

「IPPONグランプリ」は、10人の芸人が大喜利の腕を競い合う大喜利バラエティ番組だ。23日放送の第13回大会に5年ぶりに出演した若林だったが、収録の前日には緊張のためなかなか寝付けなかったそうで、深夜にひとりカラオケに行ったとか。

そして当日、いざ本番が始まると「少しも誤魔化しのきかないメンバーが袖に固まってる空気」に気圧され、ついには緊張のあまり、体にまで異常が生じたそうだ。

いよいよ若林が入ったBブロックのメンバーの出番となり、席を入れ替わろうとしていたときだ。若林は「あれ? 歩きにくいな?」と体に違和感をもったそうで、どうやらそのとき彼は「軽く腰が抜けていた」というのだ。

若林の緊張は回答席に座ってからも解けず、1問目の途中にはさらなるパニックに陥る。「これ自信あるな」と思い、1番手に答えた回答が、(「IPPON」を獲得するには10ポイントが必要なのに)7ポイントという微妙な結果に終わったのだ。これにより若林はさらなるパニック状態に陥ってしまう。

2問目の途中からは、フリップを出すタイミングや、自分の声の大きさまで分からなくなる始末だったとか。

結果、若林は「IPPON」を4本しか獲得できず、決勝に進むことはできなかった。不甲斐ない成績に、マネージャーらが待つ楽屋は重い空気に包まれたという。

若林が楽屋で脱いだ靴下は、本番中にどれほどの緊張を強いられていたかを物語るかのように「ビショビショ」だったそうだ。春日俊彰はこれをうけ「しょうがない。戦った証拠だからね…」と落ち込む相方を慰めていた。


 
posted by ぱんだぁ at 10:00 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。